PC

WindowsとMacで写真のハードディスク(HDD)を共有するにはどうする?

投稿日:

撮った写真を保存する方法として、外付けハードディスクを利用するという人も多いと思います。
その時、WindpwsとMacのパソコンの間でハードディスクを共有したいという希望をよく耳にするので、今回は、ハードディスクをWindowsとMacで共有する方法について解説してみたいと思います。

WindowsとMacでHDDは共有はできるのか

結論から言えば、WindowsとMacの間でHDDを共有して使用することは可能です。
ただし、共有するには、HDDのファイルシステムを両方のOSが使用できるものに合わせる事が必要となります。

ファイルシステムとは?

まず、ファイルシステムって何だって話から。
コンピュータが苦手な人も、そんなに難しくないのでちょっと頑張ってくださいね。

ハードディスクの中身というのは、ただ無造作にデータが並んでいるのではありません。
ある決められたルールに基づいてデータが並んでいて、そのルールに従ってMacOSやWindowsといったOSがファイルの整理などを行っています。

このファイルの並びのルールのことを、ファイルシステムと言います。
そして、ファイルシステムは、それぞれのHDDごとに使用する時にどのファイルシステムにするのかを決める事ができます。

イメージとしては、書庫のファイルの管理方法がいくつかあるって、新しく使う書庫ごとに管理方法を決めるっていう感じでしょうか。

WindowsとMacはファイルシステムが異なる

2019081600

WindwosとMacはベースが全然違うOSなので、ファイルシステムも、Windowsでは、NTFS、Macでは、APFS、もしくは、HFS+という名前の種類の異なる形式が使用されます。

そして、これらのファイルシステムには互換性がないので、WindowsとMacの間でのファイルの読み書きや移動というのはできません。
お互いのルールを理解していないので、どこにファイルがあるのかわからないといった感じでしょうか。

どちらのOSでも使用できる "exFAT"

ファイルシステムには、先に挙げたもの以外にもexFATという形式があり、このexFATについてはWindows、Macの両方が読み書きできる形式になります。
なので、この形式でフォーマットされたHDDを用意することで、WindowsとMacでファイルを共有する事が可能となります。

ちなみに、両方で使えるなら一番良い形式じゃないかと思うと思いますが、実はexFATには動作が遅いという欠点があって、このためOSを動かす形式には向いていないんです。

でも、写真などのファイルを共有する程度であれば十分なので、心配ご無用です。

exFATよりも古い規格のFAT16やFAT32というフォーマットもWindows、Macの両方で使用可能です。

exFAT形式のHDDを用意する

ここからは、exFATのHDDの準備の仕方やHDDのフォーマットの確認方法などを説明していきます。

HDDのフォーマットの確認方法

外付けHDDなどは購入した時点でフォーマットされていたりします。
なので、まずは使用したいHDDのフォーマットが何かを調べてみましょう。

Windowsの場合

エクスプローラー等を開いて、調べたいHDDを選択します。そしてポップアップメニュー[プロパティ]を選択します。

2019081601

表示されるプロパティのファイルシステム欄に表示されているフォーマットが、そのHDDのファイルシステムです。
ここにexFAT(もしくは、FAT32)と表示されていれば共有できますが、それ以外ではフォーマットが必要となります。

Macの場合

Finderを開いてからサイドバーの調べたいHDDを選択して、メニューの[情報を見る]を選択します。

2019081604

表示されるHDDの情報ウィンドウの中に、フォーマットという欄があります。
ここにexFAT(もしくは、FAT32)と表示されていれば共有できますが、それ以外ではフォーマットが必要となります。

exFAT形式でフォーマットを行う

共有で使用したいHDDのファイルフォーマットがexFATやFAT32でなかった場合には、HDDを初期化する事でファイルシステムのフォーマットを変更する事ができます。
ここでは、ファイルフォーマットの変更の手順を説明します。

ファイルフォーマットを実行するとHDDの内容が全て消去されます。
もし、フォーマットするHDDにファイルが入っている場合には、予め他の場所へ移してから実行してください。

Windowsの場合

エクスプローラー等を開いて、調べたいHDDを選択します。そしてポップアップメニュー[フォーマット]を選択します。

2019081602

表示されるフォーマットのウィンドウ内のファイルシステム欄を、exFATを選んで[開始]を押します。

2019081603

フォーマットが完了すると、exFATでフォーマットされたHDDになります。

Macの場合

Finderを開いて、[移動]メニュー[ユーティリティ]を選択します。

2019081605

さらに、表示されるユーティリティの中から[ディスクユーティリティ]を起動させます。

2019081606

ディスクユーティリティが表示されてから、フォーマットしたいHDDを選択して[消去]ボタンを押します。

2019081607

続いて、表示されるメッセージ内に[フォーマット]欄があるので、ここをexFATに変更してから[消去]を実行します。

2019081608

フォーマットが完了すれば、exFATでフォーマットされたHDDになります。

まとめ

以上、WindowsとMacでHDDを共有するための方法を紹介いたしました。
特に難しい内容ではないので、スムーズに変更できると思いますので、データを共有したいとお考えの場合にお試しください。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-PC
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.