写真の基礎

【写真の基本】ホワイトバランスの役割と使い方のコツを解説してみた

更新日:

カメラの設定の中にあるホワイトバランスという設定を皆さんは設定されているでしょうか?
初心者や写真をこれから始める人にとっては、聞き慣れない機能なので何も設定されていないかもしれません。
実際、通常オートになっているので、特に不自由なく撮れますからね。

でも、このホワイトバランスは、写真のイメージを左右する重要な機能であるため、使いこなせると写真の幅も広がります。
そこで、今回は、このホワイトバランスについて説明していきたいと思います。

そもそもホワイトバランスとは?

ホワイトバランスが何のためにあるのかを理解するには、その前に光源の色について知る必要があります。

光源の色

人が目で見る世界では、朝日、夕日、蛍光灯、白熱灯など、どんな光源であってもある程度白色に見えますよね。
でも、これは人間の目が、光源の違いによって色が左右されない特性を持っているから、正しく白と認識できるそうです。

しかし、カメラにはこのような機能はないので、撮影時の光源の色の影響をそのまま受けます。
例えば、夕日や白熱灯であれば、白色は赤みがかった白となり、蛍光灯では、白色は青みがかった白になります。

光源によって光の各波長の割合が異なり、この光源の特性を言い表す方法として、色温度というものを使って表現されます。
色温度の単位は、K:ケルビンが使われます。この色温度の単位が低い場合、写真が暖色系(オレンジ系)の影響を受け、高い場合には寒色系(青系)の影響を受けます。

この色温度という単位は、現像ソフトやマニュアルのホワイトバランスの設定など、写真をやっているとたまに出てくるので、何たるものくらいは覚えておいて損はありません。

主な光の色温度
色温度
日の出・日没 約1900K
太陽光 約5000〜6000K
白熱電球 約2800K
蛍光灯(昼白色) 約5000K
蛍光灯(昼光色) 約6500K

ホワイトバランスとは、光源の違いによる色補正機能

カメラは、光源の違いによる色の影響を受けてしまうと説明しましたが、そのままだと写真には光源の色がかぶって写ることになります。
そこで、この光源の色が影響することを対処するための補正機能が、ホワイトバランスです。

ホワイトバランスは、光源の色温度による色のバランスを変化させ、光源の影響が無いようするための補正を行います。
この機能によって、屋外で撮った写真でも、屋内で撮った写真でも安定した色を再現できるようになっています。

ホワイトバランスは、光源の反対の色温度に補正してバランスを取る

実際のホワイトバランスの変化の設定例をみてみたいと思います。

光源の色の影響を無くしてニュートラルに補正するには、光源の色温度と逆方向に画像を補正するとニュートラルな画像となります。
そこで、ホワイトバランスの設定を行うと、色温度とは逆方向に画像全体がシフトします。

下の写真は、屋内の自然光下で撮影しています。
ホワイトバランスの設定を、2500Kに設定すると低い暖色系の光に対応するため、画像はかなり寒色系によって全体が青くなっているのがわかります。
そこから徐々に上げていくと、高い色温度の寒色系の光に対応するために、暖色系に変化していっています。

このようにしてホワイトバランスは、光の色の影響を補正していっています。

2019052901

カメラは、光源の種類を認識できない

そんなホワイトバランスですが、一つ問題があります。それは、カメラ自身では光源の種類が正確に判別できないということです。
光源には様々な種類がありますし、また、複数の光源が混ざるような場合があるので、光源の状態までは判断ができないのです。
そこで、ホワイトバランスの設定方法として、次の3つの方法があります。

オートホワイトバランス

オートホワイトバランスは、その名の通り、カメラが自動でホワイトバランスの補正をしてくれるものです。
この方法は、光源の種類を判別するのではなく、撮影した写真データ全体の情報を解析して、カメラが自動で補正を行います。

このオートホワイトバランスでの補正は、各メーカーごとのノウハウで行われるため、メーカーごとに若干のクセみたいなものがあるように感じています。

なお、オートでの補正は万能ではなく、状況によっては補正が不十分な場合もあるため、その場合には別の方法か、RAW現像時に補正する必要があります。

プリセットホワイトバランス

カメラのホワイトバランスの設定には、晴れや曇り、白熱電灯、蛍光灯など複数種類の設定値がプリセットされているので、撮影者が光源に合わせて選択する方法です。
プリセットを選択することで、安定したホワイトバランスの補正が行われるので、一定の光源で撮影する場合に使用します。

マニュアルホワイトバランス

撮影の際に補正を行う際の基準となる白やグレーカードを撮影しておき、RAW現像を行う時に基準をベースにホワイトバランスを決定する方法です。
この方法は、より正確な補正を行うことができますが、ある程度の知識と手間が必要であり、本格的な撮影を行う場合に用いられる方法なので、初心者の方は、こんな方法もあるんだ程度でOKです。

基本は、オートホワイトバランスでOK

最近のデジタルカメラのオートホワイトバランスは、とても優秀なので初心者の方は基本的にオートで使用しても問題はないと思います。
ただ、一定の光源条件下で撮影を行うのであれば、一定の撮影結果を得るためにプリセットされたホワイトバランスを使用してもいいと思います。
ただ、プリセットを使用する場合、設定の戻し忘れには注意しましょう。

ホワイトバランスの設定

どのメーカーのカメラでも、メニュー画面のホワイトバランスの設定項目やカメラ本体のダイアルからホワイトバランスを選択します。
(WBと略されている場合もあります)
例えば、キヤノンの7DmarkⅡの場合、本体上部の液晶パネル近くにホワイトバランスの設定ボタンが用意されています。

2019052902

2019052903

特に難しい設定ではないので、お使いのカメラのマニュアルのホワイトバランスの箇所を読んでみてください。

ホワイトバランスを写真の雰囲気作りに活用する

オートホワイトバランスを使用すると、適正な色温度に補正してくれるのですが、それが常に最良の結果になるかどうかは別の話だと思います。
ホワイトバランスをわざと崩して写真の雰囲気を演出することもできるので、その例を紹介してみたいと思います。

まず、夕焼けに撮ったこの一枚
肉眼で見ていた時には、もっと赤く夕焼けていたように感じていたのですが、オートホワイトバランスではあっさりした赤みで面白みに欠けていました。

2019052904

そこで、現像時にホワイトバランスを暖色よりに補正してみました。
どうでしょう?夕焼けの印象がグッと引き立ちましたよね。

2019052905

 

続いて、もう一枚。今度は、雨の中で行われたレースの写真です。
これもオートホワイトバランスでは、やや暖色よりに補正されてしまっていて、雨が降っているようには感じない一枚になってしまっています。

2019052906

なので、ホワイトバランスで思い切って寒色系に補正してみました。
実際には、当然こんなに青い訳ではないですが、雨のイメージを表現するために思い切って画面全体が青くなるまで補正しています。

2019052907

このように、ホワイトバランスは写真の印象も変えることができる設定なのです。

##まとめ

当記事のまとめ!
  • 光には、光源の種類によって色があり、写真に影響する
  • 光源の色は、色温度で言い表される
  • 光源の色の影響を補正するのが、ホワイトバランス
  • 基本的に、オートホワイトバランスでOK
  • オートホワイトバランスが、常に最適な結果になるとは限らない

写真の経験が浅い人にとっては、馴染みの浅いホワイトバランスですが、今回の記事のように結構重要な役割を果たしてくれています。
初めの頃は、オートホワイトバランス一点張りでも構いませんが、少し慣れてきたらホワイトバランスで工夫した一枚に、ぜひチャレンジしてみてください。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.