写真の基礎

スマホカメラで十分とは言わせない!!スマートフォンと比べて一眼レフを使用するメリットとは?

投稿日:

身近にあってとても便利なスマートフォンですが、このカメラを利用している人も多いのではないでしょうか。

最近の機種は、カメラの機能も豊富で様々なアプリがあるので非常にスゴイですよね!

じゃあ、このスマホのカメラで十分なのかと言えば、やっぱり写真については一眼レフの方が優れています。

今回の記事は、そんなスマホのカメラでは十分とは言えない、一眼レフを使用するメリットについて書いてみたいと思います。

一眼レフ/ミラーレス一眼が優れる点

背景がきれいにボケる

2020030201

やはり一番のメリットは、背景のボケ具合が自然でとても美しい点が挙げられると思います。

スマートフォンと比べてかなり大きなイメージセンサーを使用する一眼レフ/ミラーレス一眼は、
カメラの仕組み上、背景が大きくボケます。

このイメージセンサーの大きさの差は、カメラの原理上のことなので、スマートフォンが進化したからと言って変わる事はないでしょう。

ちなみに、イメージセンサーって何なのよって人は、この記事を読んでみてください。

写真の超基本!写真がどんな仕組みで撮れるのか解説するよ!

なお、ボケに関して詳しく理屈を理解したい方には、背景のボケに関する記事は以下にまとめています。

背景がボケる写真の4条件をまとめてみた

写真のピントとボケはどう違う?写真の背景のボケについてまとめてみた 【一眼レフ、ミラーレス】

ちなみに、最近の機種では、背景をボカせる機能を搭載するスマートフォンもありますが、これは背景部分をソフトウェアでボカしているだけなので、細かな輪郭部分などボケが不自然となり、一眼レフに勝るものではありません。

画質がよりきれい

これもイメージセンサーとレンズをより大きなものを使用している分、解像力が優れています。

例えるなら、32型のテレビと60型のテレビでは大きい方がよりくっきり見えるイメージと同じような感覚です。

大きなイメージセンサーが載っている分、同じような画素数では画素の大きさに余裕があり、より精彩な画像を得る事ができます。

画素や画素数って何かについては、以下の記事をどうぞ。

解像度って何を表すの? デジタルカメラの解像度の基礎知識

暗い場所での写真がよりきれい

デジタルカメラは暗い場所で撮った場合、写真にノイズが発生します。写真全体がザラザラした感じになる状態ですね。

このノイズは、イメージセンサーの構造上、小さいほど影響が出やすいんです。簡単に言えば、小さな面積に画素が密集しているのでノイズの影響を受けやすいのです。

その点で、イメージセンサーが大きい一眼レフは、ノイズが少なくきれいな写真を撮る事ができます。
特に最近の機種では、少々感度が上がってもノイズ感を感じないくらいにきれいな写真を撮る事ができます。

ちなみに、感度について詳しくは、こちらをどうぞ

【写真の基本】ISO感度の役割と使い方のコツをまとめてみた

スマートフォンでは、ソフト的にノイズ除去を行っている場合がありますが、ボカすような処理になるので精細さが失われます。なお、一眼レフでもノイズ除去処理は行えるので、よりノイズの少ない写真にすることも可能です。

レンズが交換できる

2020030202

これは、言わずもがな、レンズが交換出来るのは、一眼レフの特徴ですね。
一眼レフには、豊富な交換用レンズがあるので、それぞれのレンズで違った写りの写真を撮る事ができます。

例えば、視界よりも広い写真を撮ったり、数十メートル離れた先を大きく撮ったりですね。

この交換レンズを使い分ける事で、スマートフォンでは撮れない写真を色々と撮る事が可能となります。

最近のスマートフォンには、カメラが複数付いている機種がありますが、これはカメラごとレンズ交換するという発想でカメラを切り替えています。ただ、変えられる範囲は狭く、そこまで写真のバリエーションが増えるものではありません。

持ち易く手ブレしにくい

写真撮影で最も多い失敗は、手ブレによって写真がボケちゃう事です。シャッターを押す時にブレちゃうんですよね。

この手ブレが最も起こりやすい持ち方が、両手を前に出して撮る、いわゆる”スマホ持ち”での撮影です。この持ち方は、脇が開けがちになるので、スマートフォンにブレが伝わりやすいんです。

その点、一眼レフは手で持ち易くホールドしやすい形状になっており、ファインダーを覗いて撮る場合には自然と脇が閉まるのでブレにくいのです。また、手ぶれ補正機能も充実しているので、撮影の際の安定感は、一眼レフが優れている言えます。

番外:スマートフォンの写真がきれいに見える秘密

スマートフォンのモニタは、テレビやパソコンのモニタに比べて光の点の密度がとても細かい事が特徴です。
そして、この点の密度がとても細かい事が写真がとてもきれいに見える秘密なんです。

点描画や切り絵を思い浮かべてもらったら良いのですが、1点1点が小さく密度が細かいほどより精密な絵となりますよね。

それと同じ事がモニタでも言えて、密度が細かいモニタの方がより精彩な写真に見えるので、スマートフォンで写真をみるととてもきれいにみえてしまうんです。また、画面が小さいので細かな部分が目立たないのもきれいに見える一因です。

このことから、スマートフォンのカメラがとてもきれいに見えてしまうんですね。

まとめ

以上をまとめると

一眼レフ/ミラーレス一眼が優れている点
  • 背景がきれいにボケる
  • 画質がよりきれい
  • 暗所でのノイズが少ない
  • レンズ交換できる
  • 持ちやすく手ブレしにくい

という事になります。

スマートフォンは、番外に挙げた写真が高精細に見えるといつ特殊な事情から一見するととても優れているように感じますが、写真を撮る時であったり、写真の質に関しては、一眼レフ/ミラーレス一眼の方がかなり優れているという事が言えます。

なので、今回の記事で改めて一眼レフの良さを認識してもらえたら嬉しく思います!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2020 All Rights Reserved.