モータースポーツ

鈴鹿8時間耐久ロードレース - 撮影レポート

投稿日:

鈴鹿サーキットの夏のバイクの祭典 FIM世界耐久選手権最終戦「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に行ってきたので、その様子をレポートします。

通称”鈴鹿8耐”

毎年、夏の鈴鹿で行われる伝統の耐久ロードレースで、今年でなんと42回目を数える名物レースです。
ロードレースにおいて、国内有数の観客数を誇るモータースポーツイベントで、過去には、島田紳助さんがチーム紳助を率いて参加されていたりもしましたね。

レースのフォーマットは、午前11時30分にスタートし、午後7時30分を過ぎた時点でトップがゴールラインを通過した時点でレース終了となります。

ちなみに、観客の方も35度前後の炎天下の中、8時間に及ぶ耐久観戦なので、テントを張って観戦するなど様々な観戦スタイルがあります。
ただ、写真撮影する人にとっては、日よけがない中でひたすら撮影となるので、かなり消耗するレースの一つです。

2019年のコンディション

忘備録を兼ねて、コンディションを記録しておきます。

2019年は、決勝前日の予選日に台風が直撃した影響で、前日のフリー走行、及び、予選がキャンセルとなりました。

決勝日当日は、うすーく雲がかかっているものの、終日概ね晴れ。
また、前日に降った雨の影響から湿度が高く、強烈な蒸し暑さ、さらにほぼ無風状態だった事もあって、過去の経験の中でも指折りの暑さでした。

ただ、終日晴れていたことから、撮影にとっては良い一日でした。

今回の使用機材

今回、私が使用した機材は、以下の通り

  • ボディは、1DXmarkⅡ、7DmarkⅡ
  • EF500mm F4L IS
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS
  • EF 1.4x

バイクレースは、四輪と比べて車体が小さいことから、かなりの望遠が必要となります。
なので、メインは、1DXmarkⅡ + EF500mm + EF 1.4x のフルサイズ700mmで撮影しています。

作例

2019080101

2019080102

2019080103

2019080104

2019080105

2019080106

2019080107

2019080108

2019080109

2019080110

2019080111

2019080112

レース結果のまとめ

レース自体は、序盤からホンダ、ヤマハ、カワサキの3ワークスチームが同一周回のデットヒートを続けたまま、最後まで行くという耐久レースじゃないようなレース展開でした。

そして、最終盤に1位のカワサキワークスが転倒してしまい、レースが赤旗中断となり、レースは2位だったヤマハがトップとなって、中断状態のまま終了となりました。

このことから、ヤマハの優勝かと思われたのですが、赤旗中断でレース終了の場合、中断前の前周1位のマシンを優勝とするというレース規定から、一転してカワサキの優勝という
ことになりました。転倒したのに優勝という何だか若干腑に落ちないレース結果でした。。。

でも、規定ですからこれもレースです。優勝したカワサキチーム、及び、カワサキファンにとっては喜ばしい結果ですね!おめでとうございました!

そして、私の方は、かなりの疲労で、帰宅後、泥のように眠りに落ちましたとさ、おしまい。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-モータースポーツ
-,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.