写真の基礎

カメラの撮影モードを極める!撮影モードの選び方のコツ

更新日:

カメラの撮影モードって種類が多くて、写真を始めたばかりの人にとってどれを選んで使ったらいいのかわかりにくいですよね。 今回は、そんな撮影モードの違いを解説し、私なりの使い分けのコツを書いてみたいと思います。

撮影モードの選択

写真は、絞り、シャッタースピード、ISO感度の3つの要素の組み合わせによって、露出が決まります。この3つの要素のうち、絞りとシャッタースピードの組み合わせをどのように制御するのかを決めるのが、撮影モードです。

絞りとシャッタースピードは、被写界深度やブレなど写真の写りに関わるとても大切な要素ですが、これを撮影者が決めるのか、カメラが決めるのか選択します。

モードとしては、大きく分けて3つあり、絞り、シャッタースピードの両方をカメラが決めるオートモードどちらか一方を撮影者が決めるセミオート的なモード両方を撮影者が決めるマニュアルモードがあります。 ここから各モード働きと特徴を説明していきます。 なお、露出に関しては、以下の各記事で詳しく解説していますので、こちらも参照してください。

【写真の基本】写真撮影で最重要!露出について徹底解説するよ!

オートモード

カメラが適正露出となるよう、絞り、シャッタースピードの両方を自動的に決めるのがオートモードです。
カメラメーカーによって、呼び方や設定方法が若干違いはありますが、Pモード(プログラムオート)などと言われます。

プログラムオート(Pモード)

このモードは、両方がカメラ任せとなるので、極端な設定になることがなく、失敗しにくい設定が選ばれるのが特徴です。

この失敗しにくい設定とは、手ブレしにくい速めのシャッタースピードと、ある程度絞ってピントの幅を深する設定が選ばれる傾向にあります。

失敗しにくいのは良いことなのですが、悪く言ってしまえば無難な設定となりがちなのが欠点かなと思います。なので、オートのモードは、経験が浅い方や無難でもしっかりと撮らなければならない時に向いていると言えます。

シーン別オート/簡単撮影ゾーンなど

同じく絞り、シャッタースピード共にカメラに任せるモードですが、
プログラムオートでは対応できない特定のシーンで必要な設定になるようプログラムされています。

例えば、スポーツモードは、スポーツの中の動く被写体を撮ることが想定されており、通常のプログラムオートよりも速いシャッタースピードとなります。また、ポートレートモードの場合、人物の背景がよりボケるように絞りが開放状態となります。

このように、想定されたシーンに合わせたオートがシーン別オートと言えます。 なお、シーン別オートは、入門機には大体付いていますが、中級機以上となると搭載されていないことが多いです。

セミオートモード

シャッタースピード、絞りのどちらか一方を撮影者が決定し、もう一方をカメラが適正露出になるよう設定を行います。どちらを撮影者が決定するかによって、シャッタースピード優先モードと絞り優先モードに分かれます。

カメラは適正露出となるよう設定しようとしますが、対応できないような極端な設定を行った場合には明る過ぎたり、暗すぎる写真となる場合があります。

シャッタースピード優先モード

シャッタースピードを撮影者が決定し、それに対して適正露出となるよう絞りをカメラがコントロールしてくれるモードです。
シャッタースピード優先モードは、キヤノンではTvモード、ニコンではSモードと呼ばれています。

シャッタースピードについては、以下の記事でもまとめているのでご覧ください。

【写真の基本】シャッタースピードの役割/使い方を徹底解説するよ

このモードは、主に動きのある被写体に対して、動きの一瞬を切り取ったり、動感を表現したりをコントロールすることができます。

一瞬を切り取る

中途半端なシャッタースピードではブレが生じてしまうような被写体に対して、より高速なシャッタースピードに設定することで、その一瞬を写します。

例えば、走り回る子どもの一瞬を撮る場合、中途半端なシャッタースピードだと手足がブレたりします。そのような場合に、シャッタースピードを1/500など高速シャッターにすることでブレのない一瞬を撮ることができます。

2019053101

動感を表現する

一瞬を切り取るのとは逆に、わざとシャッタースピードを遅くしてブレを生じさせ、動きを表現する写真ならではの方法です。 例えば、下の写真のように超スローシャッターで撮ることで、横断歩道を慌ただしく行き交う人々の動きを表現するといった撮り方ができます。

2019053102

絞り優先モード

こちらは、絞りの値を撮影者が決定し、それに対応するシャッタースピードをカメラがコントロールするモードです。
絞り優先モードは、キヤノンではAvモード、ニコンはAモードと呼ばれています。

絞りについては、以下の記事でもまとめているのでご覧ください。

【写真の基本】カメラの絞り機能の役割/使い方について解説するよ!

このモードは、絞りをコントロールすることで背景のボケ具合を撮影者がコントロールすることができます。


ボケ具合は絞り以外の要素も関係しますので、使用するレンズも含めて考える必要があります。
背景がボケる条件については、以下の記事をご覧ください。

背景がボケる写真の4条件をまとめてみた

背景をぼかして撮る

ポートレートや小物撮影などメインとなる被写体を強調し、背景をぼかす場合には、絞りを開放して撮影します。下の写真は、絞りを開放して前後をボカして中央の花を強調しています。

2019053103

パンフォーカスで撮る

写真全体がピントが合っている状態の写真をパンフォーカスと言います。
ピントが全て合っていることを活かして、全景を伝えるといったことができます。 下の写真は、とても天気が良い日だったので、ボケないよう絞り込んでパンフォーカスにして、晴天の空を強調しています。

2019053104

マニュアルモード

マニュアルモードは、シャッタースピード、絞りの両方を撮影者が決定するモードです。

どちらも自由にコントロールすることができるので、写真表現の幅は広がりますが、謝ると明る過ぎたり、暗すぎる写真になる可能性があります。
基本的には、ファインダー内に表示される露出インジケーターを見ながら、露出を調整して撮影を行います。

このモードのメリットは、露出の設定が常に一定を保てるところなので、ライティングをして撮影を行ったり、一定の露出で撮りたい時などに重宝します。ただし、このモードは、一定の知識と経験がないとなかなか難しいかなと思います。

撮影モードの選び方とコツ

ここからは、撮影モードをどのように使い分けるのか、私なりのコツをお伝えまします。

始めはプログラムオートで

写真の初心者の方は、まずは被写体をしっかり見てシャッターチャンスを見逃さないこと、写真の構図をどうするのかに集中するためにも、最初はプログラムオートを使ってまずはカメラに慣れることが大切かなと思います。

慣れてきたら、シャッタースピード優先モードや絞り優先モードを使う

ある程度、写真やカメラに慣れてきたら、シャッタースピード優先モードや絞り優先モードにステップアップしていきましょう。

これらは、意図的にシャッタースピードや絞りをコントロールするので、撮影者ができる写真表現がグッと増えます。 始めは失敗写真が増えると思いますが、そこは慣れの部分なので、ガンガン撮ってどのように写るのかを慣れていきましょう。

選択のコツは、撮りたいイメージを考え、必要なことからモードを選ぶ

シャッタースピード優先モードや絞り優先モードに慣れてきたら、今度はただ漠然と撮っていてもなかなか上達はしません。 慣れてきたら、
予め自分が撮りたいイメージを想像して、そのためにはどの設定が良いのかをよく考えて撮るようにしましょう。

例えば、人物を撮るにしても、動きの一瞬を捉えたいのか、背景をボカしたいのか、場の雰囲気も一緒に写したいのかなど、どんなイメージの写真が撮りたいのか、そのためには、どのモードがいいのかを考えると使用するモードが決まると思います。

もちろん、プログラムオートがダメという訳ではないので、シャッターチャンスを重視してプログラムオートを使用するというのもOKですよ!

ISOオートの使用範囲などを合わせて設定しておくと便利

シャッタースピード優先モードや絞り優先モードを使用していると、自分で決める方ばかり気にしてしまい、カメラが決める設定には見落としがちになり、露出アンダーになってしまう事もあります。

そんな時には、ISOオートに設定しておくと、ISO感度も含めてカメラが決めてくれるので失敗写真が減ると思います。

その時、オート時のシャッタースピードの下限やISOオートの使用範囲を設定しておくとより便利に使えると思うので、予め設定しておきましょう。

オート時のシャッタースピードの下限やISOオートの使用範囲の設定がないカメラもあります。(特に古い機種) 詳しくは、マニュアルをみてください。

まとめ

当記事のまとめ!
  • 撮影モードは、オート、セミオート、マニュアルの3種類
  • 初心者は、まずはオートモードでシャッターチャンスをしっかりと見つけることが大切
  • シャッタースピード優先/絞り優先モードでは、撮りたいイメージを考えて必要なモードを選ぶのがポイント
  • ISOオートなどの設定も合わせて行っておくと便利

いかがでしたでしょうか。 撮影モードは、最初はどのモードを使えばいいのかわからず、ついプログラムオートで撮ってしまいがちですが、より上達して写真表現の幅を広げるには、どんなモードかを理解して使いこなす必要があります。

そして、どれもそれぞれ特徴があるので、上達した後もどのモードも使用するので、この記事を読んだのを機に色々試してみてくださいね。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.