写真の基礎

初心者向け - RAWとJPEGの違いをわかりやすく解説します!

更新日:

コンピュータを得意にしている人からしたら当たり前のことでも、苦手な人から見ればちんぷんかんぷんな事ってめちゃくちゃ多いですよね。
そんな苦手な人がデジタル写真を撮る上で、序盤の方でぶち当たる壁が、写真の保存形式選択でのJPEG(ジェーペグ)とRAW(ロウ)じゃないでしょうか?

何がどうちがうのかって話ですよね。そこで、今回は、そんな方に向けて、専門用語は使わず初心者の方々にわかりやすく解説してみたいと思います。

そもそもファイルの種類の違いって?

2019062901

JPEGやRAWのお話の前にちょっとだけ、パソコンの超重要で超基本的なファイルの区別の仕方について少しだけ。

パソコンのファイルの識別方法

パソコンの世界では、ワード文章やエクセルファイル、動画ファイルに、もちろん写真を含む画像データなどさまざなファイルが存在しています。
パソコンが苦手な人でも、ワードやエクセルやPDFなどは嫌でも多少は触った経験があるのではないでしょうか。

そんなファイルを、ファイルの名前だけで識別するのは不可能に近いので、ファイルの名前の後ろに.doc、.xls、.jpgなど3文字以上の拡張子という識別子をつける事で、そのファイルがどんなファイルなのかを識別できるようになっています。

よく目にするものとしては、マイクロソフト Wordの.docやExcelの.xlsでしょうか。
この拡張子が付いていると、ワード文章やエクセル文章とわかるようになっています。

その中の画像形式の一つとして、存在するのがJPEGで拡張子が.jpgになっています。
◯◯.jpgとなっていれば、JPEG形式の画像ファイルって訳です。

画像ファイルの種類

また、パソコンの世界の画像ファイルには、実はたくさんの種類の形式があります。
例えば、掃除機といっても、パナソニックや東芝、ダイソン…など色々なメーカーのものがあるのと一緒ですね。

そして、その画像形式には、大きく分けて非圧縮形式と圧縮形式の2種類の形式があります。
そもそも画像ファイルというのは、非常にデータサイズが大きいファイルなので、そのままの形式と圧縮した形式があるって訳です。

非圧縮形式でメジャーなのが、BMPファイルやTIFFファイル。圧縮形式でメジャーなのがJPEGファイルやPNGファイルです。

JPEGって何なのか?

2019062902

パソコンのファイル形式について少し触れましたが、よくやく本題に入っていきますよ!

JPGEって何なのか

ですね。

世界で標準的に使われる画像形式

圧縮形式の画像ファイルでメジャーと書きましたが、世界で最も標準的に使われている画像形式の一つじゃないかと思います。
JPEGファイルは、世界中の全てのコンピュータで使用できる画像形式として標準化されて形式で、最も主流な形式です。
なので、ファイルの中身の構造も決まりがおり、その決まりに従っていれば、JPEGファイルとして、どこの国のコンピュータで
あっても画像として見る事が可能になっています。

なぜJPEGがこんなに使われているのか。

JPEGファイルが使い始められたのは、インターネットが普及する前の1992年からとコンピュータとしては歴史がある事と、
圧縮形式の画像としてインターネット上の画像として主流になってインターネットが普及したことから、JPEGがよく使用されているのだと思います。

画質は綺麗なのか?また、ファイルサイズは?

結論から言えば、問題なく綺麗です。

これは、みなさんのカメラで撮ってみてもらえば一番わかりやすいですよね。
圧縮と言っても、低圧縮の場合には拡大して必死に粗探ししないとわからない程度だと思います。
ただ、このJPEGというのは、圧縮率が高圧縮だと画質が劣化するので注意が必要です。

また、ファイルサイズは、非圧縮のもの比べるとかなり小さくなっており、取り扱いし易くなります。
(パソコンの世界では、データサイズが小さい事をデータが軽いと表現したりします。)

ただし、編集の幅は狭い

ここがとても重量なのですが、JPEGファイルが持つ情報量は、後で説明するRAWファイルに比べて圧倒的に少ないのです。
これは、JPEGファイルの規格として不要な情報は、ファイルが作られる時にバッサリと切り落としてサイズを小さくしている面があるからです。
もちろん、人間の目では区別がつかない範囲を切り捨てるので画質が極端に悪くなる訳ではないのでご安心を。

2019062903

ただ、撮影した後から明るさやホワイトバランスなどの変更など編集できる幅が非常に狭く、無理に編集すると一気に画質が落ちるため、編集には大変不向きです。
この点は、上手く撮れた写真では問題ありませんが、ちょっと失敗した写真を編集する時にはデメリットになります。

RAWって何なのか?

2019062904

続いて、RAWファイルです。少し調べた人なら、RAW撮影がおすすめとか、RAWが良いとか言われていますが、
そもそもRAWファイルとはどんなファイルなのでしょうか?

RAWファイルは、共通のファイル形式ではない

まず、RAWファイルというのは、JPEGとは違って世界的に標準化されたファイルではなく、各カメラメーカーごとに内容を決めているファイルになります。
このため、RAWファイルと言いますが、キヤノンなら.CR2、ニコンなら.NEF、富士フィルムなら.RAFなどというようにファイル形式はバラバラです。
なので、.rawというファイルがある訳ではなく、カメラが出力するデータの総称としてRAWファイルと呼びます。

RAWファイルは、厳密には画像ファイルではない?

結論から先に言っちゃうと、RAWファイルというのは厳密には画像ファイル(写真)ではなくて、写真の元になる画像データでしかありません。

RAWファイルというのは、下の図のようにレンズから入ってきた光をイメージセンサーが受けた段階で、イメージセンサーが光の情報をデジタルデータに変換しただけのものです。

2019062905

いわば、写真になる原材料と言った感じでしょうか。

ちょっとわかりにくいかもしれないので、料理に例えてみると、ジャガイモは料理ではなく、料理素材でしかないといったイメージでしょうか。
ジャガイモも食べ物ではありますが、実際にそれ自体を生で食べることはしないですよね。あくまで原材料です。
調理して初めて料理として食べる事ができる。この関係で言うと、ジャガイモがRAWで、料理が画像ファイルって訳です。

なので、RAWファイルは画像データであって、厳密には画像ファイルではないって訳です。

RAWというのは、英語で”生”とか”未加工”を意味します。このことから、RAWファイルのことを生データなどと言われています。

表示や編集には専用ソフトウェアが必要

RAWファイルは、画像ファイルに変換される前の画像データでしかありませんので、JPEGのように全てのパソコンで写真を見る事ができません。
このため、内容を見たり、編集したりするには現像ソフトウェアでデジタル現像という過程を挟む必要があります。

RAWファイルの最大のメリットは、情報量の豊富さ

RAWファイルは、イメージセンサーが受けた光の情報をそのまま記録しているだけに、写真に関する情報が豊富に含まれており、
このため、撮影後に、明るさやホワイトバランスなどの編集を行うには最適で、編集に適した形式になります。

ファイルサイズがとても大きい

RAWファイルは、イメージセンサーが持つ全ての画素の情報を圧縮せずに記録したデータであるため、ファイルサイズがとても大きくなります。
2600万画素クラスでは、JPEGだと10数MBくらいですが、RAWファイルは約50MBくらいの大きさになります。
このため、メモリカードが大容量のものが必要となります。

RAWとJPEGファイルとの違い

では、先に紹介したJPEGとは一体何が違うのでしょうか。それはファイルが保存されるまでの過程をみればわかります。

JPEGの場合

通常のJPEG撮影の場合、レンズから入ってきた光をイメージセンサーが受け、イメージセンサーが光の情報をデジタル変換したRAWデータを作り出します。そのRAWデータを画像エンジンという場所で画像ファイルに組み立てたものがJPEGファイルになり、最終的にメモリカードに書き込まれます。

2019062906

この過程において、画像エンジンがJPEGを生成するので、全てのパソコンで画像を写真として見る事が可能になります。

撮影過程で生成されたRAWファイルは、JPEGとRAWの同時保存にしていない限りは破棄されます。

RAWの場合

RAWの場合には、JPEGと同じく、レンズから入ってきた光をイメージセンサーが受けて、光の情報をデジタルデータに変換を行いますが、その後、画像エンジンでの変換は行わずに直接メモリカードに保存されます。

2019062907

つまり、イメージセンサーの出力したデジタルデータをそのまま保存している、生データである事がわかります。
ただ、RAWファイルは、そのままでは画像ファイルとして扱えないため、パソコン上の現像ソフトウェアで編集を行った後に、最終的にはJPEGやTIFFといった形式の画像ファイルに変換します。

RAWファイルから画像ファイルへの変換を、カメラで行うのか、パソコンで行うのかが大きな違い!

JPEGファイルとRAWファイルのまとめ

JPEGとRAWのそれぞれに上げた特徴をまとめると以下の通りです。

JPEGファイル

  • ファイル形式が標準化されていて、世界中のコンピュータで表示が可能
  • 現在、最も主流の画像形式の一つ
  • 画質も綺麗で、データサイズも小さい
  • 後からの編集には不向き

RAWファイル

  • 画像ファイルではなく、画像データ
  • 画像ファイルにするには、現像という一手間が必要となる
  • ファイルサイズがとても大きい
  • 含まれる情報量が多く、後からの編集に向いている

どちらが良いのか

どちらの形式が良いかは、どちらも良い点、悪い点があるので、一概にこちらとは言えないところです。
ポイントは、撮影後に編集までするか、しないかです。この点を面倒と考えるならJPEGが良いですし、積極的にしたいというならRAWの方が良いと言えます。

ただ、初心者の人にどちらが良いかと聞かれたら、RAWでの撮影をお勧めします。編集を行うということは、それだけ撮った写真をじっくりと見直すということです。
やはり上達するためには、自分が撮った写真をしっかりと見直し、良かった点、悪かった点の復習を行うことは勉強と同じでとても大切だと思うからです。
まあ、初心者だけに失敗写真も多いのでそれを救う意味でもRAWが良いと思います。

以上、参考になれば幸いです!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.