写真の基礎

【一眼レフ/ミラーレスの基礎知識】RAWファイルとは何なの?RAWファイルを徹底解説!

投稿日:

最近、スマホでもRAWという言葉を目にするようになりましたが、デジタルカメラには、写真を保存する形式としてJPEGとRAWを選んで保存することができます。

これらは、一概にどちらが優れているって訳ではありません。
なので、それぞれの良さを理解した上で、自分に合う方の形式を使用する事が重要です。

以下の記事では、JPEGについてまとめてみましたので、まずは以下の記事を読んでみてください。

【一眼レフ/ミラーレスの基礎知識】これを読めばJPEGファイルがわかる!JPEGファイルの基礎知識

今回の記事では、RAWとはどんなものかから、JPEGに対して何が良いのかについて解説してみたいと思います。

RAWファイルとは?

カメラは、レンズを通して映し出される光の像を記録するための機械です。
記録する方法が、フィルムなのがフィルムカメラであり、画像センサー(光を読み取るセンサー)なのがデジタルカメラです。

この辺りの写真が撮れる仕組みについては、以下の記事をご覧ください。

写真の超基本!写真がどんな仕組みで撮れるのか解説するよ!

そして、画像センサーが光の情報を読み取った時に作られるデータの事をRAWファイル(”ロウファイル”と読みます。)と言います。

RAWとは、画像センサーが作り出すデジタルデータ

2020022601

カメラ本体内に見える画像センサーとは、光というアナログな波長をコンピュータのデジタルデータに変換を行う半導体です。ざっくり言えば、光を当てると光の情報を読み取ってコンピュータ用のデータを作り出す部品が画像センサーって訳です。

この画像センサーが作り出すデータの事を、RAWデータと呼びます。
光をデジタルデータに変換したままのデータであることから、生データとか光を読み取ったデータなどと表現されます。

デジタルカメラの設定で画像の保存形式にRAWを選択すると、このファイルが保存されることになります。

厳密には画像ファイルではなくて画像データと言える

パソコンの世界では、それぞれのファイルがどんなファイルかを拡張子で表し、コンピュータは拡張子からファイルを識別します。ただ、RAWファイルというのは、.rawというような共通の形式はなく、カメラメーカーごとに独自の形式(拡張子)を採用しており、パソコン上では画像ファイルとして認識しません。

また、それぞれのファイルの中身も異なり、内容が決められている画像ファイルの形式ではないので、厳密には画像ファイルとは言えず、画像データの一種という事になります。

以上の事から、RAWファイルとは、画像センサーが作り出す画像データの総称の事を言うという事になります。

RAWファイルの優れている点・イマイチな点

優れている点

非圧縮形式

RAWファイルは、画像センサーから読み出されたデータそのものであるため、JPEGファイルのように圧縮されていません。このためデジタルカメラの設定にもよりますが、多少なりとも画質面では優れていると言えます。

また、RAWファイルからbmp形式やtif形式などの非圧縮の画像形式に書き出すことで、無劣化のデータを作り出すことも可能です。

情報量が豊富で画像編集にとても有利な形式

2020022602

RAWファイルは、撮影時点での画像センサーが読み取った情報が記録されており、パソコン等で写真として見える以上の情報が詰まっています。

この情報には、撮影後の明るさや色味などの多くの修正を行えるだけの情報が含まれるため、この情報量の多さから画像編集にとても有利と言えるところがRAWファイルの最大のメリットなのです。

対するJPEGファイルは、RAWデータからJPEGファイルに必要な情報だけを切り出す形で記録されるものであるため、写真として見える以上のデータはありません。このため、撮影後の画像編集を行えない訳ではありませんが、編集には向かない形式と言えます。

イメージとして料理として例えるなら、RAWファイルがカレーの食材、JPEGファイルが完成したカレーといった所です。
カレーが材料の段階では、調理の仕方によってシチューやスープといった料理に変更することができますが、カレーとして完成するとそこから作り変える事は難しいですよね。
これくらいの違いが、RAWファイルとJPEGファイルにはあります。

なので、撮影後のデータの画像編集を行う場合には、RAWファイルがほぼ必要と言えます。

RAWがイマイチな点

画像を見るには専用ソフトが必要となる

RAWファイルは、パソコンの世界で決められた画像形式ではないと書きましたが、このことからWinndowsやMacでは画像ファイルとしては認識されず、そのままでは写真として見る事は出来ません。
写真として見るには、RAWファイルを画像して見ることができる現像ソフトと呼ばれる専用のソフトウェアを使用する必要があります。(現像ソフトは、カメラを購入すると付属しています。)

一部のメーカーや条件によっては、専用ソフトウェアを使用しなくても画像を参照することが可能な場合があります。

RAWファイルはあくまで画像データなので、最終的には何かしらの画像ファイルに変換を行います。
その変換を行う役目を果たすのが現像ソフトで、選択したRAWファイルをJPEGファイルやTIFファイルなどパソコン上の画像形式のファイルに変換することができます。

ファイルサイズが大きい

RAWファイルに含まれる情報量が多い事は先に書きましたが、それはすなわちファイルサイズが大きくなるという事にもなります。使用するカメラや設定にもよりますが、だいたいJPEGファイルの数倍のファイルサイズになるため、写真の枚数が多くなると写真を記録するSDカードなどのメディアやハードディスクなどを多く消費する事になります。
また、写真全体の容量が大きくなると、バックアップの手間が大変となる点も痛いところです。

画像編集をしなければ、RAWにそれほどメリットがない

RAWファイルには多くの情報が含まれている一方、この情報自体が画質等に直接影響するものではなく、画像編集を行う事で初めて違いが出てくるものになります。
このため、画像編集を行わなず、情報を利用しないのであれば、わざわざRAWファイルで撮影するメリットはあまりありません。

つまりRAWで画像編集を行わず、そのままJPEGファイル等に書き出すだけであれば、カメラ本体で画像変換を行うのか、パソコンで画像変換するのかの違いがあるだけで、それほどの違いがないのです。

画像変換のプロセスはメーカーごとに若干異なるので、同じ写真でも現像ソフトが異なれば若干の色味などの違いがあります。

おまけ:なぜRAWの画像編集を”現像”と表現されるのか?

本来、現像とは、露光する事でフィルム等に記録した像を薬品で処理して見えるようにする作業の事を言います。いわゆる暗室作業ってやつですね。

フィルムカメラの場合には、この現像を行わなければ写真として見ることができません。

一方、デジタルカメラの場合でも、RAWファイルの場合には当記事で書いてきたように、カメラ内や専用ソフトでの画像変換を行わなければ画像ファイルになりません。
つまりRAWファイルは、画像変換を行わなければ写真をして見れないとも言えます。このことがフィルムの現像と似ている事から、”RAW現像”とか”デジタル現像”などと呼ばれています。

同じ現像という言葉ですが、意味合い的には少し異なるだけわかれば十分だと思います。

まとめ

初心者こそ、RAWファイルがオススメ

RAWファイルを使うのは少しハードルが高いように感じるかもしれません。実際、現像ソフトを使用する必要があるので、パソコンが苦手な人にとっては避けたいかもしれません。

しかし、RAWファイルが持つ編集の余地は、撮影した後で色々補正を行ったり、大胆な変更を行うことができるため、写真を撮った後にもとても勉強になります。また、現像は後から何度でも行えるので、現像の腕を上げてから現像し直すということもできます。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-, , ,

Copyright© シャシンのQ , 2020 All Rights Reserved.