カメラ機材

カメラを選ぶ時には理解したい!イメージセンサーとレンズの基本の「き」

更新日:

デジタル一眼レフを選ぶ時に必ずといっていいほど、見聞きする言葉にイメージセンサーやセンサーサイズというものがあります。

このイメージセンサーというのは、デジタルカメラにとって超重要な役割を果たす部品で、このセンサーの違いによって、使用できるレンズが違ったり、写真に違いがでたりします。

なので、カメラを選ぶ時には是非とも知っておいて欲しい「イメージセンサーとレンズの関係」についてまとめていきます。

そもそもイメージセンサーって何?

結論から言いますと、レンズが映し出す映像を写真のデジタルデータに変換する役目をする部品です。人間の目で言うと網膜、フィルムカメラで言えばフィルムに相当します。一眼レフからスマホやガラケーまで、デジタルカメラと呼ばれるものには全て入っています。

そう言われてもなかなかピンと来ないかもしれませんので、もう少し詳しく説明します。

レンズというのは、目の前の世界を拡大したり縮小した像を作り出します。これは望遠鏡を想像すればわかりやすいと思います。望遠鏡を覗くと遠くが見えますよね。でも、実際に目で遠くが見えるのではなく、中のレンズが作り出す像を見るから遠くが見えるんです。

そして、レンズが作る像を記録したものが写真になります。その記録の役目を果たすのが、フィルムカメラのフィルムであったり、デジタルカメラのイメージセンサーであったりします。

フィルムは、光が当たる事で起こる化学反応を利用して写真として焼き付けるものであり、イメージセンサーはセンサーに当たる光の強さを読み取ることで写真としてデータにします。記録する方法が違うだけで、役目は同じ働きをします。

イメージセンサーの大きさは色々存在する

このイメージセンサーというのは、異なる大きさのものが存在し、スマホやガラケーに入っている極小さいものからプロが使用する中判カメラに入っているものまで大小さまざまです。

また、」色々なメーカーから発売されている一眼レフも、全て同じ大きさのイメージセンサーが入っている訳ではなく、メーカーや機種ごとにサイズが異なります。

主要な大きさは、以下のようになっています。

名称 サイズ
フルサイズ
(35mm)
36mm X 24mm
ASP-C 約23mm X 15mm*
マイクロフォーサーズ 17.3mm X 13mm
1インチ型 13.2mm X 8.8mm

*ASP-Cは、厳密にサイズが決められていないので、多少サイズが異なるものが存在します。

これをサイズ比のイメージにするとこんな感じ

これを見るとかなり大きさに違いがある事が分かりますね。

ちなみに、名称についてちょっとだけ。
フルサイズセンサーというのは、フィルムカメラ時代に一般人に普及したフィルムと同じ大きさと言うところからフルサイズと呼ばれます。ASP-Cは、あまり普及していたイメージはありませんが、35mmフィルムより少し小さく装填しやすいASPフィルムというものがあり、そのフィルムサイズに近いことから、この名称で呼ばれています。

なぜ異なるセンサーサイズが存在するのか

ずばりコストの問題です。
イメージセンサーというのは、シリコンウェハーというセンサーの親玉みたいな半導体基盤を切って作られています。センサーが大きいという事は、同じ面積当たりで切り出せる枚数が少なくなりますし、ごく小さい不良があった場合でも1枚のフルサイズセンサー分の面積が不良になるので、製造コストがとても高くなります。
一眼レフの製造コストの中で、センサーの値段が占める割合はかなり高いので、センサーが大きくなるだけでカメラ全体の値段も一気に高くなります。

しかし、値段が高いとプロやアマチュアの一部分にしか売れなくなるので、画質と値段のバランスをとった小さなセンサーサイズが採用されるようになった訳です。
昔に比べて安くなった今でもフルサイズのカメラは、本体だけで15万円はしますが、ASP-C以下だと数万円から買えるので、その差は歴然です。

レンズとセンサーサイズの関係

センサーサイズには色々ある事を書いてきましたが、レンズにもデジタル専用とフルサイズ対応があるので、レンズの購入を考える場合には注意が必要です。

レンズの事を説明する前にちょっとだけお勉強を挟みます。

レンズは円形なのになぜ四角い写真?

写真と言えば、だいたい四角形を想像しますよね?でも、レンズを円形です。
円形のレンズが四角形の映像を映し出している??なんてことはありません。

実際には、レンズが映し出す円形の映像からその一部分だけを四角い写真として記録しているから四角なんです。言葉ではわかりにくいので、イラストを用意しました。

レンズが作り出す像は、イラストのように丸い形をしています。この丸い像の事をイメージサークルと言います。
このイメージサークルの像のうち、イメージセンサー上にあたる部分だけが写る範囲となって写真になります。

ここでポイントとなるのが、センサーのサイズです。
センサーが大きい=切り出す部分が大きいという事は、レンズが作り出すイメージサークルも大きいものが必要になります。逆に小さくなれば、それだけイメージサークルも小さくて済むという事になります。

フルサイズセンサーとASP-Cセンサーの違いをイメージにすると、以下のようになります。

このようにフルサイズセンサーとASP-Cセンサーで、それぞれ必要するイメージサークルの大きさが違うという事がわかるかと思います。

フルサイズ対応レンズとASP-C専用レンズ

センサーの大きさによって必要とするイメージサークルの大きさも違うという事がわかりました。じゃあ、大は小を兼ねるという事で、大きいイメージサークルを作るレンズが一つあればいいんじゃないかって事になります。
事実、センサー以外の部分は切り捨てられるので、イメージサークルの大小に関わらず写真に写る部分は同じです。

しかし、ここでも値段の問題が出てきます。
大きなイメージサークルを作るには、それに応じた大きなレンズが必要になるので、レンズ自体の大きさや値段が高くなります。でも、小さなセンサーにとっては不必要な部分が大半なので、センサーサイズに合わせたレンズにする事で値段を抑える事ができます。

このことからフルサイズ対応の大きなイメージサークルを作るフルサイズ対応レンズとASP-Cサイズの小さなイメージサークルを作るASP-C専用レンズという2種類のレンズに分かれています。

ASP-Cセンサーカメラにフルサイズレンズは使えるのか?

この組み合わせは、問題なく使用することが可能です。
ただし、写真に写る部分はフルサイズに比べて狭くなので、フルサイズセンサーのカメラで撮った写真よりも狭く(中央部分を切り取った)写ります。
(35mm換算で画角が変わる)

フルサイズカメラにASP-Cレンズは使えるのか?

メーカーやカメラによって対応が異なりますが、基本的に、フルサイズセンサーとしては使えません。

キヤノンの場合には、レンズのマウント形状から異なっているので、ASP-C専用のEF-Sレンズをフルサイズカメラで使用する事はできません。

その他のメーカーの場合、マウントが同じなので接続する事は可能なようですが、レンズ自体がフルサイズセンサーの大きさをカバーしていないので写真の四隅が黒くなります。ただ、カメラ自体に映った写真からASP-C相当の部分を自動的に切り出してくれるクロップ機能というのがあれば、ASP-C相当の写真としては使用できます。
しかし、せっかくのフルサイズカメラなので、やはりフルサイズレンズで使いたいところですね。

まとめ

フルサイズセンサーのカメラは、写真の経験の浅い人にとっては一種のステータスや憧れ的な存在で、いつかはフルサイズのカメラと思う人も多いので、購入前からいつかは買いたいと思うかもしれません。
ただ、本体の値段もレンズの値段も比較的高価になるため、レンズラインナップを揃えるのが大変という事は理解しておく必要があります。
それでも、フルサイズのカメラを考えている場合には、よく調べて後のことを考えたレンズの選択をしましょう。特に、ASP-Cの高価なレンズの購入は慎重に考えましょう。

逆に、ASP-C専用レンズで一通りのレンズを揃えて、色々な写真を撮って経験を積み、理解できた上で自分の撮る被写体に必要なカメラを考えるというのも一つの考え方としてあるかなと思います。全ての人がフルサイズカメラが必要とは限りませんからね。

どの選び方が正解なのか、最初からわかる訳ではありませんが、センサーサイズとレンズの関係を考えて、少なくとも安易に買ってしまって後から後悔するなんて事にはならないようにしましょう!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-カメラ機材
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.