カメラ機材

レンズのF値ってなんだ? - 【レンズ選びの基本】F値を解説してみた

更新日:

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか?
"F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。

このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良いレンズだと聞かれたことがあるかもしれませんね。

値が小さい方が良いレンズと言うことに間違いないんですが、ただ、一眼レフとスマホでは同じF1.8でも写りは全然違います。 そこで今回は、この”F値”とはなんぞやってことについて、説明したいと思います。

F値はレンズの明るさの指標

F値というのは、レンズがどれだけの光量を通せるのかを示す値です。
F値のFは、英語の「焦点の」を意味する"Focal"の頭文字から来ており、Fの後ろに明るさを示す数字を付けて表現します。

2018110501

F値が小さいほど明るいレンズ

このF値は、小さい値のレンズほど多くの光を集められるレンズであることを示します。

特に、F値の小さいレンズは、より多くの光を集められる=明るいということから、明るいレンズと呼びます。
明るいレンズに定義がある訳ではないので人によってまちまちですが、一眼レフではおおよそF2.8以下のレンズを指すのことが多いと思います。

このF値は、ピントの幅(被写界深度)を決める要素の一つであり、F値が小さいレンズほど前後のボケ具合が大きくなります。いわゆるボケの大きい一眼レフらしい写真ってやつですね。

また、光が多く集められるということは、短い時間で十分な光量を集める事ができるということなので、より速いシャッタースピードで撮れる点も優れています。

なので、より明るいレンズほど撮影の幅が広がって色々な写真が撮れるようになるので、撮影面ではかなり有利といえます。

高速なシャッタースピードで撮れる事から、明るいレンズの事を”ハイスピードレンズ”や”高速レンズ”と呼ばれたりもします。

読み方

F値の読み方は、そのまま”えふち”と呼び、F1.8やF2は”えふ いってんはち”,"えふ に"というように読みます。

明るいレンズは、暗い場面で有利

F値が小さいレンズがより多くの光を集められるということは、逆に光が弱いところでも光を集める事ができるとも言えます。

なので、室内や夕暮れ時などの暗い場面で写真を撮る場合、レンズが明るいほどシャッタースピードを稼げて撮影には有利になります。 ただし、ピントの幅は薄くなる点には注意が必要です。

デメリットは、重さと値段

撮影に関しては良い事が多いF値が小さい明るいレンズですが、レンズが大きく重くなることレンズの値段が高くなることがデメリットといえます。

単純に多くの光を集めるには大きなレンズが必要となるため、F値が小さいレンズほどレンズが大きく重くなって、レンズ自体のコストも上がり、お値段の方も上がってしまう訳です。

また、焦点距離の長い望遠レンズになるほどレンズが大きくなるため、明るい望遠レンズはかなりズッシリくる重量級レンズでなかなかのお値段です。 さらに、F値の小さい超望遠レンズともなると超重量級でお値段も軽自動車が買えてしまうビックリ価格ですよ!

レンズ名に付いているF値は、そのレンズの開放F値

カタログなどでレンズの名前を見ると、どこのメーカーのレンズでも名前にF値が付いている事に気づくと思います。これは、そのレンズで絞りが全開状態のF値が最も最小となる開放F値が付いています。

なので、レンズ名のF値をみれば、絞り開放状態でどんな明るさのレンズなのか一目でがわかるようになっています。 例えば、キヤノンのEF50mm F1.8 STMの場合、開放F値が1.8のレンズである事が分かります。

[itemlink post_id="525"]

同じ焦点距離なら、F値の小さいレンズの方が上位クラス

各メーカーのレンズの見ると、同じ焦点距離のレンズでもF値違いのレンズがラインナップされている場合があります。例えば、キヤノンの場合、同じ50mmレンズでも以下の3本がラインナップされています。

[itemlink post_id="529"]

[itemlink post_id="531"]

[itemlink post_id="532"]

それぞれのレンズでF値が異なっており、F1.2が最も明るいレンズになります。 撮影する時のF値は、絞り機能によって光量を調節する事ができ、FF50mm F1.2L USMは、F1.4やF1.8に絞って撮る事もできます。大は小を兼ねるってことですね。

だから、より明るいレンズの方が上位クラスのレンズという事になります。

単焦点レンズの方がF値が小さい

レンズには、収差という像を映し出す時の光のズレが発生します。
このためカメラレンズは、この収差を補正して綺麗な像となるよう複数のレンズを組み合わせて作られています。

この収差は、明るいレンズを作るとなると影響が大きくなるので、レンズの枚数が増えてきます。また、ズームレンズは、ズームによって焦点距離が変わる事からどの焦点距離でも収差を補正する必要があり、よりレンズの枚数が増えます。

このため、ズームレンズの方が明るいレンズを作るのには不利となるので、ズームレンズの方が比較的大きく暗いレンズになり、単焦点レンズは、より明るいレンズであったり、コンパクトであったりします。

ズームレンズではF値が可変の場合も

ズームレンズの場合、F値が2つ記載されているレンズと1つしか記載されていないレンズがあります。これは、ズームすることによって開放F値が変化するレンズと開放F値が変化しないレンズの違いです。

[itemlink post_id="533"]

上のレンズのように、2つ記載されているレンズは、ズームの広角側と望遠側で開放F値が違い、ズームするに従って少しずつ開放F値が変化していきます。

開放F値で撮影していてズームするとF値が変化してしまい、気づかないうちに露出が変化してしまっているなんて事もあるので、少し注意が必要です。

ズームレンズの焦点距離が小さい方が広角側、焦点距離が大きい方が望遠側と呼ばれます。

[itemlink post_id="534"]

一方、F値が1つしか記載されていないレンズは、ズームのどの領域でも開放F値が変化しないレンズです。開放F値が固定なので、使い勝手が優れています。 F値が変化しない事から、ニッパチズーム(F2.8ズーム)、F4通しレンズという表現で呼ぶ人もいます。

スマホのカメラは、明るいレンズでもなぜボケないのか?

ここまでで、F値がレンズの明るさを示す値ってことは、おわかり頂けたかなと思います。
すると、冒頭にも書いたスマホにもF1.8とかの明るいレンズが搭載されているのに、なぜ一眼レフと違ってボケないのかと思うかもしれません。 その答えは、レンズの明るさだけでボケ量が決まらないからです。

被写界深度は複数の要素によって複合的に決まる

ピントが合う幅と前後のボケ量のことを、写真や動画では被写界深度と言います。
この被写界深度は、以下の4つの要素によって複合的に深度が変化します。

  •  イメージセンサーサイズ
  •  レンズの焦点距離
  •  レンズのF値
  •  被写体との距離

つまりF値は、被写界深度を決める要素の一つでしかなく、他の条件が同じであればF値が小さいレンズを搭載したカメラの方が被写界深度は薄くなりますが、他の要素が異なる場合には同じF値のレンズであっても写りは全然違うのです。

イメージセンサーサイズは、大きくなるほど被写界深度が浅くなってボケが大きくなるのですが、スマホのイメージセンサーはかなり小さいためボケません。

また、レンズの焦点距離も、短い方(数字が小さい、広角側)が被写界深度が深くなるのですが、スマホの場合、イメージセンサーが小さい事から極端に短い焦点距離のレンズが付いており、これもボケない要因の一つとなっています。 このように、スマホは明るいレンズが搭載されていても、他の要素がボケない条件となっているため、一眼レフのような写真は撮れないのです。

写真のボケについては、以下の記事で詳しく解説しているのでこちらも読んでみてください。

背景がボケる写真の4条件をまとめてみた

写真のピントとボケはどう違う?写真の背景のボケについてまとめてみた 【一眼レフ、ミラーレス】

まとめ

最後に、レンズのF値についてまとめると、

当記事のまとめ!
  • F値が小さいレンズの事を明るいレンズという
  • 明るいレンズは、ボケが大きく高速シャッターが切れる
  • レンズ名のF値は、そのレンズの開放F値
  • F値は、被写界深度を決める要素の一つでしかない

という感じなります。

お財布にはあまり優しくないのがたまキズですが、写真を撮る上でF値が小さいレンズを一本持っていると、写真の表現の幅を増やす事ができて非常に便利な存在なので、写真の面白さが増すこと間違いナシです。

やや明るさを抑えたお安めの単焦点レンズもありますので、一度、挑戦してみてはいかがでしょうか! それではまた!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-カメラ機材
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.