写真の基礎

失敗写真さようなら!人の顔が暗く写ってしまう理由と対処法【一眼 ミラーレス】

更新日:

皆さんが写真を撮っていて多い失敗写真といえば、ピントが合っていない、もしくは、写真が暗すぎる、もしくは、明るすぎるという事ではないでしょうか。

このうち撮れた写真が暗過ぎたり、明かり過ぎたりしてガッカリした経験は誰しもあるんじゃないでしょうか。

今回は、なぜ写真が暗くなんったり、明るくなったりするのか、その理由と対処法について書いていこうと思います。


本記事は、カメラの露出についてご理解頂いている前提なので、露出のことがイマイチわからない方は、先に以下の記事をご覧ください。

【写真の基本】写真撮影で最重要!露出について徹底解説するよ!

理由は、カメラの測光にあり

写真が暗くなったり、明るくなったりする理由は、カメラが画面内の明るさを測る”測光”にポイントがあります。 そこで、まずはこの測光とは何かから説明したいと思います。

写真に写る範囲の明るさを測定する”測光”

撮影モードをマニュアル以外にして、ファインダーをのぞいて色々な場所に動かしてみてください。すると、シャッタースピードや絞りの値が動かすたびに変化するかと思います。

これは、カメラが画面内の明るさを読み取って露出値を調整しているからです。
このカメラがが画面内の明るさを測ることを測光といいます。

測光方式

そもそもカメラというのは、撮影するメインの被写体が何か、また、その被写体がどこに配置されるか、背景の状況などを正確に判断はできません。 そりゃ、撮影者の考えまでは、カメラに伝わらないですからね。

なので、カメラの測光の主流は、画面全体をブロックごとに分割し、それぞれのブロックの明るさや色、レンズの焦点距離など様々な情報から総合的に判断して被写体を推測し露出値が決定しています。この測光方法は、多分割測光といい、メーカーごとに、評価測光やマルチパターン測光などの呼び名で呼ばれています。

この測光方法は、多くのケースで正しい露出を導きだせるのですが、極端な明暗差があったりや色や明るさの偏りがあった場合に、露出値が意図したところに合わない事が起こります。
この露出値が、意図したところにうまく合わない事が、失敗写真となってしまうわけです。

失敗例と対処方法

ここからは、露出値がうまく合わない事例を見ながら、その対処方法について説明していきたいと思います。

失敗例

① 写真全体が暗く写る

いつものカエルさんを室内に入る自然光のみで撮影しました。
この写真を見てもらうと、写真全体が若干暗く映っていますよね。

190605001
これは、背景が全て白であるため、カメラが白=明るいと判断し、やや暗めになるよう露出を少しアンダーに抑えた結果です。 この例では、背景紙を白にしていますが、背景に明るい色が多い時にも、同じ状態となります。

② 写真全体が明るく写る

今度は逆に、背景を黒に変えてみました。
白背景の時とは逆に、黒=暗いということで、やや明るめの露出になりました。
そのため、黒背景がやや明るく締まりのない黒になっています。この例も、背景が暗い色である場合に同じ状態となります。

190605007

③ 顔が暗くなる

続いて、今度は、このカエルさんの背景に光源を置いてみます。
すると、カメラからすると強い光が直接入ることになります。その強い光があることで、その部分が白く飛ばないようカメラは露出をアンダーに抑えます。

その結果、光が当たっていないカエルの前面部分が影となりかなり暗くなってしまいました。 これは、逆光で人を撮るときによく起こることなので、この失敗例は誰しも一度は経験あるのではないでしょうか。

190605003
このように、画面全体の色や明るさの偏りがあったり、明暗差があると画面全体の露出に影響し、暗くなったり、明るくなったりする事がわかってもらえたかと思います。

解決方法

続いて、失敗例を解決する方法です。
解決方法は、以下の3つの方法があります。

  • 露出補正
  • 測光方式を変更する
  • ストロボを使用する

露出補正

一つ目は、露出補正機能で補正する方法です。
露出補正機能とは、カメラが算出した露出値から撮影者の判断で明るさを補正する機能です。

操作自体は、どのカメラでも簡単で、露出補正に割り振られているダイアル、もしくは、ボタンをプラス(明るく)か、マイナス(暗く)にするだけ。 具体的な操作方法は、お使いのカメラのマニュアルを見てくださいね。

この露出補正を使って、先の失敗例の写真をそれぞれ補正してみます。
まず、 ①写真全体が暗く写る場合、写真全体が暗くなっているので、明るくするために+1のプラス補正を行うと、写真全体を明るくする事ができました。

190605002

②写真全体が明るく写る場合、黒色が少し締まりがなかったので、−1のマイナス補正を行なった結果、背景が黒く締まってカエルさんがくっきりしました。

190605008

③顔が暗くなる場合、影になっている前面部分を明るくしたいので、+1のプラス補正を行うことで、影の部分が明るくなりました。
光源のライト部分が白く飛んでいますが、メインの被写体ではないので、この場合は問題ありません。

190605004

測光方式を変更する

二つ目は、測光方式を変更する方法です。
測光方式には、先に紹介した多分割測光以外に、中央部重点測光やスポット測光という方式もあります。 それぞれ、測光する範囲を画面中央部のある程度の範囲だけにしたり、ごく一部の範囲だけにしたりします。

ここでは、測光方式をスポット測光に変えることで、測光範囲をメインの被写体のカエルだけに限定し、カエル前面が丁度良い明るさとなる露出値をカメラが算出するようにしました。

このように、測光ポイントに絞って露出を合わせることで、背景に影響されずに写真を撮る事が可能となります。
190605006

ストロボ光をあてる

三つ目は、ストロボ光をあてる方法で、この方法は、③顔が暗くなる場合の対処法です。
背後から光があたって影ができるのであれば、反対側からその影の部分に光をあててやれば影を消す事ができます。そこで、下の写真ではカメラ側からストロボ光を当てることで影が消え、綺麗に写す事ができました。
このようにストロボは、影を消すという使い方もあります。
190605005

まとめ

当記事のまとめ!
  • 写真の明るさで失敗する理由は、被写体の状況に合わせた測光ができないから
  • 背景に色や光の偏りがあると、露出が影響されてしまう
  • 被写体の背後からの光があたると、前面が暗くなってしまう
  • 対処法は、露出補正、測光方式の変更、ストロボの3通りの方法がある

いかがでしたでしょうか?
うまく撮れない原因と対処方法さえわかってしまえば、大した問題ではないとお分かり頂けたのではないでしょうか。

特に、露出補正は簡単に使用できるので、ぜひ実践してみてください。ただし、写真全体の明るさがシフトするので、白飛びや黒つぶれには気をつけてください。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-写真の基礎
-, ,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.