レタッチ

デジタルカメラの現像って何するの?デジタル現像の基礎知識とできること

更新日:

デジタルカメラで写真を始めると、詳しい人との会話や本などで”現像”という表現が出てきて、なんだそれはって思った人もおられるのではないでしょうか。
実は、このデジタル写真での現像というのは、覚えると初心者の人にとってもとてもメリットがあるものなんです。

今回は、この現像って何ができるのかについて書いてみたいと思います。

デジタルなのに現像??

元々、フィルムカメラでは、カメラで写真を撮ってすぐ見れることはなく、薬液を使った写真現像という作業を行って紙に焼き付けて初めて写真として見れていました。
このため、写真を撮ったら現像するという事が一般的でした。

対するデジタルカメラも、撮影後にモニタでの確認はできますが、イメージセンサーから出力される時点でのファイル(RAWファイル)は、まだ画像ファイルにはなっていないため、写真として見れるようにするにはJPEGなどの画像ファイルへの変換が必要となります。

ここで気づきますよね。どちらも同じように写真として見るためには、それぞれ現像作業と変換作業の一手間かかるのです。

このことから、フィルムの現像になぞらえて、デジタルカメラのRAWファイルから画像ファイルへの変換処理の事を、デジタル現像やRAW現像と呼んでいます。

カメラの設定をJPEGにして撮った場合には、撮影と同時にカメラが現像処理を行ってJPEGファイルを作ってメモリカードに書き込んでいます。

現像する場合の基本はRAWファイル

2019070310

デジタルカメラでの現像は、基本的にRAWファイルで行います。
イメージセンサーが光を読み取ったそのままのデータであるRAWファイルは、含まれる情報量がJEPGに比べて遥かに多く、現像時に様々な調整が行えるのでとても適しています。

というよりも、RAWファイルで撮影して現像処理での調整を行わないのであれば、手間が増えるだけでほぼRAWファイルのメリットがなく、また、RAWファイルが圧倒的に高画質という訳でもないので、JPEGで撮影するので十分と言えます。

そもそもRAWとJPEGの違いって何?という疑問には以下の記事で解説していますのでご覧ください。

初心者向け - RAWとJPEGの違いをわかりやすく解説します!

JPEGは不向き

一方、JPEGは、現像には不向きなファイル形式です。

これは、カメラ内でJPEGに変換される際に、不必要な情報を捨てられたり、情報をまとめられたりしているため、情報に余裕がありません。
このため、補正処理は行えるのですが、大幅な変更は元の情報をやや無理な感じで変更することになるので、RAWファイルほど良好な結果は得られません。

なので、JPEGでの撮影は、撮ってそのままか、現像しても小変更程度という感覚で撮影する必要があります。

現像ソフトは、カメラに付属

現像を行うためのソフトは、本体に付属するCDROMやメーカーのウェブサイトからのダウンロードなどで入手が可能です。

キヤノンであれば、「DPP(Digital Photo Professional)」、ニコンであれば 「Capture NX-D」というソフトが現像ソフトになります。
これらのソフトウェアは、カメラの付属品として無償で使用可能なので、まずはこれらのソフトから現像を試してみるといいでしょう。

また、メーカー提供以外にも、サードパーティとしてアドビが販売するLightroomも非常に有名です。こちらは、プロカメラマンも多く使用しており、写真の整理から現像まで機能が豊富なソフトウェアです。
興味があれば、こういった有償ソフトも試してみましょう。

現像でできる事

現像処理で行える主な調整についてあげてみたいと思います。

明るさ/コントラスト

撮影時に、露出の調整を失敗して暗過ぎたり、明る過ぎたりして写った写真でも、RAW現像であれば明るさを変更しても破綻する事なく綺麗に補正する事ができます。

例えば、以下の写真は金箔が明るい色のため、やや暗めに写ってしまっていたので、全体の明るさ(露出量)を調整する事で本来の金箔の美しさを出す事ができました。

2019070301

2019070302

また、写真全体だけではなく、明るい箇所のみ、暗い箇所のみといった明るさ別で調整をおこなう事もできます。このため、明暗のコントラストをはっきりさせたり、逆にコントラストを弱めてやわらない雰囲気に仕上げるなんていうことも可能です。

次の写真は、逆光の中撮っているため、メインの被写体である鉾が暗く写っています。この写真は全体の明るさを調整すると、綺麗な青空が白くなってしまうので、暗い部分だけを明るく補正しています。

2019070303

2019070304

なお、明るさの調整において、白く飛んでしまった箇所は階調の情報がなくなり救済が難しいケースがあります。対して、暗くて黒潰れした箇所は、意外と情報が残るので、露出が厳しい状況ではやや暗めに撮っておいて現像時に明るさを調整するという方法もあります。

ホワイトバランス

現像を行う場合、ホワイトバランスはあとからでも変更する事が可能です。

このため、自然光と人工灯が混ざったりして難しい状況でも、後からいくらでも調整が可能です。JPEGでの撮影では、撮影時点でホワイトバランスを決めなければならないため、RAW撮影の方が撮影に集中できると言えます。

次の写真は、夕焼けの感じをより強調するために、ホワイトバランスを調整しています。

2019070305

2019070306

また、グレーカードという基準となるカードを写しておく事で簡単にホワイトバランスの調整を行う事も可能です。

色のコントロール

写真の色の濃さや色合いという、写真にとって大切な要素を調整することも可能です。

調整は、全体を変化させることもできますし、特定の色に絞ってする事ができます。
これによって、全体の印象を華やかにしたり、特定の場所の印象を強めたりと、写真の印象を変化させる事も可能です。

例えば、現像前の写真ではせっかくの刺繍がややくすんだ色味になっています。これを彩度を上げる事で刺繍の美しさを強調する事ができました。

2019070307

2019070308

ノイズ除去

暗い状況で撮影の場合、どうしても高ISO感度で撮ることになります。すると、どうしてもノイズが載ってしまうのが悩みのタネです。しかし、現像処理では、このノイズを画面を見なから目立たなくすることが可能です。
ただし、ノイズを取り除いているのではなく、目立たなく慣らしている感じなので、やりすぎるとシャープさが失われのっぺりした印象になるので注意が必要です。

2019070309

また、逆に写真にノイズを載せて質感を出すといった使い方もあります。

カメラ本体の現像にはない細かな調整が魅力

今回紹介した機能以外にもゴミの除去、シャープさの調整や質感の調整、湾曲の矯正などなど、現像ソフトにはまだ他にも機能があります。
こだわればかなり細かく調整する事ができ、良い写真を追求する事ができる点が現像の魅力と言えます。

これだけ機能が豊富だととても難しそうな印象を受けるかもしれませんが、操作はそれほど難しくありませんし、当記事であげた基本的な機能だけでも写真の印象をグッと良くすることは可能なので何も心配は要りません。

なにより撮影時の失敗をリカバーする事ができるので、デジタル現像を覚えると撮影時に気をつけるべき点が減って撮影内容に集中できるので、逆に初心者の人こそRAWで撮影すべきかもしれません。

まずは、カメラ付属の現像ソフトからRAW現像をはじめてみてはいかがでしょうか!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-レタッチ
-,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.