カメラ機材

【デジカメ選びの基本】カメラを買おうと決心した時に考えて欲しい!たった一つの事

更新日:

いざ、カメラを買って写真を始めよう!と決心した時に困るのが、どのカメラを買ったら良いのか?が、最初にして最大の悩みのタネです。

何せ安くない買い物だけに、失敗や後悔はしたくないでしょうし、初めてカメラを買う人にとっては悩ましい問題ですよね。自分ではどれが良いのかわからないし、カメラに詳しい人に相談してもよく分からない事が多くて勧められるカメラが本当に自分に合うカメラなのかって思いますよね。

特に、買った後に

  • カメラが大きくて重くて、結局、滅多に持ち歩かなかった
  • エントリー機を買ったけれど、すぐに上位機種が欲しくなって買い直した
  • 小型のミラーレスを買ったけれども、一眼レフの方が使いやすそうだった

なんて後悔するのはイヤですよね! そこで、初心者の人が買って後悔しないカメラ選びをするために、買う前に是非考えて欲しい事について書いてみたいと思います。

写真を撮りたいシーンを書き出してみよう!

結論から言ってしまえば、カメラを買って何を撮りたい(撮ってみたい)のか、なぜそれを写真を撮りたいのか、写真を撮る目的を明確にしておく事が、自分に合うカメラを探す第一歩だと思います。

"いつ"・”誰と”・”何を撮るのか”

まず、自分がカメラを買ってみて、”いつ”、”誰と”、”何を撮るのか”って事を想像してみてください。

そして、どんな時にカメラを持っていきたいのか、カメラを買って何を撮ってみたいのか、また、それは一人で撮りに行くのか、複数の人と一緒なのか、具体的に優先順位をつけて書き出してみてください。

例えば


いつ : 外出時、自宅、イベント、旅行、スポーツ観戦、家族とのお出かけ
誰と : 一人で、友人と一緒に、家族と一緒に
何を : 家族を、友人を、風景を、旅行の記録、ライフログ、人物、物

など、カメラを使用したいシーンを色々と想像して書き出してみてください。

もし、明確な目的がなく初めてみたい人は、買って何を撮ってみたいのかをいくつか想像してみてください。

そもそも万能なカメラはない

なんで撮ってみたい写真について書き出してみるのか。 それは、数多くのカメラが販売されていますが、それぞれには使用される用途や使用するユーザ層がある程度想定されて設計されており、どんな人でも満足できる万能なカメラなんて無いからなんです。

一口に、カメラと言っても、

  • スマホ
  • コンパクトデジカメ
  • 高級コンパクトデジカメ
  • ミラーレス一眼
  • デジタル一眼レフ
  • フィルム一眼レフ
  • レトロカメラ

などの種類があり、それぞれにたくさんの機種が発売されています。

そして、それぞれの機種には特徴があり、撮影する対象や場所によって向き不向きがあります。 例えば、プロカメラマン向け最上位機種の一眼レフ、キャノン 1DXmarkⅡ や ニコン D5 という機種があります。

2018101801

Canon 1DXmarkⅡ

この機種は、発売時点で最高の性能が詰め込まれたハイスペック機種で、画質はもちろん、連写性能、ピント性能、堅牢性、耐久性など写真を撮るための性能としてはズバ抜けており、写真を撮る事については文句はありません。

ただ、この機種の欠点は、重くて大きいんです。 本体だけで重量は1.5Kg、大きさが17cm四方。これにレンズを付けると軽く2Kgオーバーです。 こんな大きなカメラで、気楽に散歩中のお供や子供とお出かけ、旅行と行った時に持っていく気にはなりせんよね。

この機種は、そもそも報道やプロスポーツなどの一瞬を撮り逃さないプロの商業写真など向けのカメラなので、大きさや重量は問題にならないのです。

ちなみに、私もこの機種を使用させてもらっていますが、とても素晴らしい機種で絶対的な信頼感があります。特にAF性能は高速かつ正確でとても使いやすい機種です。移動の時に重い事がやはりたまに傷ですが。。。

逆に、気軽に持って出かけて写真を撮る事なら、スマホのカメラの右に出るものはありませんよね。 軽いし、誰でも常に持っていますからね。 それでも、画質やカメラとしての性能は低いので、大きく背景をボカした写真は撮れないし、走り回る子供やスポーツといった写真を撮影するには不向きと言えます。

この様にカメラには被写体やシチュエーションによって向き不向きがあるので、何を撮りたいのかによってある程度の機種を絞り込む事ができるのです。

目的をはっきりさせると求めるものが見えてくる

写真を撮る場面を具体的に考えていくと、自然とカメラに要求する事が明確になってきます。

例えば、普段の生活をライフログ的に撮ったり、街中でスナップを気軽に撮るという場合には、気軽に持ち出せる携行性を重視したいところなので、高級コンパクトデジカメやミラーレス一眼あたりが候補に上がってきます。

逆に、プロスポーツを撮ってみたいと考えるならば、高速なAF性能を重視したい被写体なので中級以上の一眼レフが選択肢になると思います。 また、同じ山の自然風景を撮るという目的でも

  • 仲の良い友人とのグループ登山の時に風景や友人を撮りたい
  • 綺麗な自然風景を作品として撮ってみたい

という目的次第で、必要なカメラが違ってきますよね。

前者なら、登山を楽しめるよう画質よりも手軽に持ち出せる事を考えて、サイズや重量を優先した高級コンパクトデジカメや小型軽量のミラーレスあたりが合っていそうです。 もし、画質も少しは欲しいと考えるなら、中級クラスのミラーレス一眼を考えてみるのもいいかもしれません。

後者なら、重量やサイズを目をつぶってでも画質を優先することになるので、フルサイズ一眼レフやミラーレスの上位機種が合うと言えますし、険しい山を登るならカメラ自体の堅牢性も考えなければなりません。

このように、撮る対象だったり、シチュエーションを考えていくと、カメラ自体の性能どうこうよりも目的に適した性能やサイズ、また、そのバランスが見えてくると思います。 すると、選ぶ機種の数が絞られてくるのではないかと思います。

目的はシンプルに考えよう

写真を撮る目的を考える上で気を付けたいポイントは、あれこれ先の事を欲張って考えずに主目的に絞ってシンプルに考えること

買う前はワクワクしてるので、つい買ったらあれも撮りたいこれも撮りたいと色々と考えてしまいがち。 スナップ写真を撮りたくてカメラを買おうとしているのに、出来たら鉄道写真や風景写真にも挑戦してみたいなんて事ですね。

そうなると色々な条件が追加されてしまい、結果、スナップ写真に適した携行性が犠牲になったら本末転倒ですよね。 携行性が悪くなると、ちょっとした外出に持ち出す事が徐々に億劫になってしまい、使用頻度が下がりかねません。

だから、
あれこれ先の事を考えるよりも、まずはシンプルに撮りたい目的に絞って一番合うカメラを選ぶこと。写真を撮る事自体が楽しいと感じれる事がとても大切じゃないかと思います。 その上であれこれ撮ってみたくなったら、カメラを買ってみて新たに気付く条件も必ず出てくるので、その時に条件を網羅するカメラにステップアップする方が絶対にオススメです。

まとめ

写真を撮る目的やシチュエーションを具体的に考えていくと、自分にとってあくまでカメラ性能を重視したいだとか、持ち運びやすいサイズを重視したいだとか、それともそのバランスが丁度良いものがいいのかなど、必要な事がわかってくると思います。

なので、自分に合ったカメラ選びのポイントは


  • いつ””誰と””何を撮るのか”写真を撮る具体的な場面を考える
  • 目的をシンプルに絞って考える

じゃないかと思います。

自分の求める事をよく考えていくと、沢山の機種の中から上がる候補はそれほど多くないので、かなり選びやすくなると思います。

写真を楽しむ上で、目的に合った使いやすいカメラを使うという事はとっても重要な事なので、よく考えてみてくださいね! ちなみに、カメラを選んでいる時に疑問に感じるかもしれない内容について、色々と解説しているので良ければこちらも参考にしてみてください。

【デジカメ選びの基本】一眼レフ・ミラーレス一眼を買うの前にぜひ知って欲しい予備知識7選

【デジカメ選びの基本】一眼レフとミラーレス一眼の違いを徹底比較するよ!

イメージセンサーの大きさで何が変わる?フルサイズセンサーで得られるメリット・デメリット

画素数が多い方が写真は綺麗になるのか?カメラ選びで知っておきたい画素数と画質のお話

カメラを選ぶ時には理解したい!イメージセンサーとレンズの基本の「き」

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-カメラ機材
-,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.