基本の使い方

初心者からステップアップ!絞り優先モードで写真のボケ具合をコントロールしよう!

投稿日:

撮影モードは何で撮っていますか?折角の一眼レフやミラーレスを買って、プログラムオートばかりで撮っていては勿体ないですよ!
そんなオートで撮っている初心者の方にオススメな撮影モードが絞り優先モードです。

絞りの値を簡単かつ自由に変えられて、写りをコントロールできる絞り優先モードは、プロや上級でも頻繁に使用するモードの一つです。

今回は、脱初心者の第一歩、絞り優先モードについて解説していきたいと思います。

撮影モードのおさらい

まずは、撮影モードのおさらいから。デジタルカメラにはいくつかの撮影モードが用意されていますね。
どのカメラにもある代表的な4つのモードがこちら

プログラムオート 絞り(F値)、シャッタースピード共にカメラに任せるオートモード
シャッタースピード優先モード シャッタースピードを自分で設定すると、それに合う絞り(F値)をカメラが設定してくれるモード
絞り優先モード 絞り(F値)を自分で設定すると、それに合うシャッタースピードをカメラが設定してくれるモード
マニュアルモード 絞り(F値)、シャッタースピード共に自分で設定するモード

初めは皆さん使用されるプログラムオートですが、全てカメラ任せのため、自分の意思を写真に反映させにくいモードになるので、今回は脱初心者を目指すために絞り優先モードに挑戦してもらいたいです。

ちなみに、各撮影モードの概要を、以下の記事で詳しく説明していますので、こちらもよければ読んでみてください。

カメラの撮影モードを極める!撮影モードの選び方のコツ

絞り優先モードの使い方

2019071001

絞り優先モードとは?

一言で言えば、あなたは絞りの値(F値)を選択するだけ。たったこれだけをするだけのことです。
どうでしょう?簡単そうに思えますよね。というか、簡単です。

絞り優先モードは、撮影者が絞りの値を選択すると、それに合う最適なシャッタースピードをカメラが自動的に調整してくれるというモードです。
そして、絞りを選択するということは、写真のボケ具合をコントロールする事ができるのです。

絞りの役割とは?

絞りというのは、カメラ内に入る光の量を調整する役割をしており、撮影のタイミングでシャッターのように閉まる構造になっています。
光の量を調節する役割から、シャッタースピードを調節する機能を果たします。

また、写真の被写界深度(ボケ具合)を決める要素の一つでもあるため、絞り値(F値)を決めるということは、ボケ具合を自分でコントロールする事ができるとも言えます。

ざっくりと簡単に言うと、F値を小さく設定すると、絞りが開いた状態となり、シャッタースピードが速くなって背景がよくボケます。逆に、F値が大きくなると、シャッタースピードが遅くなってシャープに写る範囲が広がっていきます。

これらの点を説明すると長くなりますので、別記事にまとめていますので、詳しくはこちらをお読みください。

【写真の基本】カメラの絞り機能の役割/使い方について解説するよ!

【写真の基本】写真撮影で最重要!露出について徹底解説するよ!

絞り優先モードの設定方法

設定は、とても簡単!モードダイアルを、以下の絞り優先モードに合わせるだけです。

  • キヤノン、ペンタックス:Avモード
  • ニコン、オリンパス、ソニー:Aモード

2019071002

あとは、F値を選択するだけ!

撮影モードを、絞り優先モードに合わせたら、あとはF値を選択するダイアルなどで、自分の好きなF値に設定するだけで、それに見合うシャッタースピードをカメラが設定してくれます。

キヤノン 7Dmark2の場合、シャッターボタン横のダイアルが、絞り選択のダイアルになっているので、これを回すだけでF値を選択する事ができます。

2019071003

ISOオートモードも合わせて設定しておくと、低速なシャッタースピードになる事を防いでくれてさらに便利です。

シーン別の使用例

絞り優先モードを使用して、F値をコントロールすることで、プログラムオートでは無理だった撮影者なりの表現が可能となります。
撮影する被写体や表現の仕方に合わせて、F値を選択する事で色々な表現が可能となり、一眼レフの醍醐味を味わえます。

前後をボカしたい

被写体の前後をボカして撮りたいのであれば、F値をそのレンズの最小にしてください。
すると、そのレンズで一番ボケる状態となり、ピントが合った場所の前後がボケます。

2019071004

ちなみに、F値は、小さい値のレンズほどよくボケます。詳しくは、以下の記事で解説しています。

レンズのF値ってなんだ? - 【レンズ選びの基本】F値を解説してみた

写真全体をシャープにしたい

ボカすのとは反対に、写真全体をシャープに写したいという場合には、今度はF値をF8~F11程度まで絞り込んでください。
ちなみに、写真全体にピントが合っている状態の事をパンフォーカスと言います。

F11よりさらに絞ると、回析現象というものが起こり画質が低下します。このため、通常はF11程度までに止めるとよいでしょう。

2019071005

動きや流れのあるものを表現したい

人の動きや水の流れなど、動いているものの動感を出して撮影したい場合、シャッタースピードを遅くする事で動きを表現できます。
シャッタースピード優先モードを使用するのでも良いですが、自分で絞り込む(F値を大きくする)ことで光量を減らし、シャッタースピードを落とすという方法でも撮る事が可能です。

ISOオートではシャッタースピードが遅くなりません。固定値に設定する必要があります。

2019071006

シャッタースピードの低下に注意

絞りをコントロールするということは、カメラに届く光量をコントロールする事なので、F値を大きくして絞り込むと、光量が減りどうしてもシャッタースピードが低下します。
このため、手ブレ等を起こす恐れがありますので、シャッタースピードには注意して使用するよう心がけましょう。

なお、ブレ対策については、以下の記事にまとめています

ブレた失敗写真が減らせる!写真のブレの対処法

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単と思いませんでしたか?
絞り優先モードは、使い方は簡単な割に表現の幅がとても広がりますので、とてもオススメのモードなので是非マスターしてみてくださいね。

もし、難しいなーと感じられた人も、とりあえず絞り優先モードにして撮影してみてください。
使ってみるとそこまで難しくありませんので、使っているうちに自然と慣れるかと思いますよ!

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-基本の使い方
-,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.