モータースポーツ

SUZUKA 10H 2019 - 撮影レポート

投稿日:

鈴鹿サーキットで行われる夏の耐久2レースのうちの一つ「SUZUKA 10Hour」に行ってきましたので、撮影レポートを残しておこうと思います。

「SUZUKA1000km」改め「SUZUKA 10Hour」

以前は、SUZUKA1000kmとして、夏の名物耐久レースとして長年開催されていたレースが、一昨年より「SUZUKA 10Hour」と名を改めて行われています。
1000km時代は、SuperGTのGT500クラスが出走していたこともあり、大人気のレースでしたが、10HになりGT3クラスのマシンが中心となって、観客も少なくなりちょっとばかり寂しい限りです。
ただ、今回は、往年の名F1ドライバー ミカ・ハッキネンがレースに参加するということで注目を浴びました。

レースフォーマットは、午前10時にスタートし、午後8時にゴールという単純明快な耐久レースです。

夏の最盛期を若干過ぎたとは言え、まだまだ暑い夏ですから、マシン、ドライバー、そして、観客にとっても厳しい一戦です。

2019年のコンディション

忘備録を兼ねて、コンディションを記録しておきます。

今年の天気は、曇り気味の予報を覆して、朝から太陽が照りつけるコンディションで、時より雲が出る程度の晴天な1日でした。
気温は、若干盛りを過ぎたおかげと風があったことから、我慢できないほどの暑さではありませんでした。

自分的には、この時期としては過ごしやすいお天気でした。

ただ、狙っていた夕焼けの時間帯に一気に雲が広がってしまい、耐久レース名物の夕焼けシーンが撮れなかったのが悔やまれる1日でした。

今回の使用機材

今回、私が使用した機材は、以下の通り

  • ボディは、1DXmarkⅡ、7DmarkⅡ
  • EF500mm F4L IS
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS
  • EF 1.4x

今回は、1DXmarkⅡ + EF500mm F4L ISをメインに撮影しています。

撮影例

2019082901

2019082902

2019082903

2019082904

2019082905

2019082906

2019082907

2019082908

2019082909

2019082910

まとめ

今回は、朝から楽しみにしていた夕焼けシーンがほぼ見られなかった事が残念でなりませんでした。
まあ、天気のことなので、こればかりは仕方ないので、また、来年に楽しみをとっておくということで、まずまずの撮れ高でした。

おすすめの記事

1

カメラってどういう仕組みで写真が写るのかって疑問に思いませんか? 『そんなもん、カメラの電源入れてシャッター押せば写るやんけ』と言われると元も子もないのですが...(汗) カメラで写真が写る仕組みがわ ...

2

カメラやスマホなどのカメラを選ぶ時に、よく”F値”というものを見かけませんか? "F1.8レンズ搭載"なんて表現ですね。 このF値というのは、レンズの性能を表す指標として使われており、値が小さい方が良 ...

3

カメラ初心者にとって、いまいち分かりづらいのは”絞り”じゃないでしょうか? 絞りってどんな機能なのかわからないですよね。 でも、絞りの働きをしっかりと理解しておくと、写真の表現にも活用できるとても大切 ...

-モータースポーツ
-,

Copyright© シャシンのQ , 2019 All Rights Reserved.